本文へスキップ

シンフォニージャパンは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

減容脱水機concept

脱水率No1.

 ※熱や油を使わない脱水機において(自社調査)

高速破砕機で粉砕した残渣を、油や熱等を使わず、僅かな電気で油圧モーターを間欠的に回して野菜くずをプレス脱水します。
プレスと言ってもただ上から押すだけではなく、鍵を握るのは、上からのプレスで固まった野菜クズを時折、横方向から押してほぐし、また上から押す特許取得済のプレス方式。
これにより、数ある脱水機の中でも、突出した脱水性能が得られます。
ランニングコストは

・6トン〜8トンの野菜ごみを脱水する1000リットル2槽タイプ(真下の写真)の電気代は1日450円程度。
・3トン〜4トンを脱水する1000リットルタイプの電気代は1日225円程度。
・1.5トン〜2トンを脱水する500リットルタイプの電気代は1日135円程度。
と、極めて僅かです。


仕組みが単純なので、使い方も簡単です。
バイオ式のような微調整は無いので失敗もなく、誰がやってもゴミ処理のサイクルがきちんと回ります。





   300リットル、125リットルタイプの写真には脱水機本体
   以外に高速破砕機とそれを載せる台も写っています。